ビデオカードって何?3DCADを導入するなら知っておこう!


快適に動かすためにはビデオカードが必要

手書きで設計図を作ると、作業のやり直しや情報の共有が面倒なことがあります。そのようなデメリットをなくしてくれるのがCADで、パソコンを使って設計図を書けるようになるシステムです。平面だけではなく3Dも表現できる3DCADならば、設計図の可能性を広げてくれるでしょう。ただ、3DCADはとても便利なのですが、快適に動作させるためにはパソコンのスペックをきちんと考えなければいけません。特に、ビデオカードは大切なので、内蔵されているパソコンを利用するようにしましょう。

3Dを動かすために必須

ほとんどの場合はCPUにも3Dを動かす機能は備わっているため、ちょっとしたものならば問題なく表示されます。しかし、3DCADは『ちょっとしたもの』ではないので、CPUだけで表示させるのには無理があります。3Dを動かすための専門のパーツがビデオカードなので、3DCADを使うのなら必須といえるのです。

3DCADを導入するまえにビデオカードの有無をチェック

パソコンはビデオカードがなくても動くようにできているため、現在利用しているものに内蔵されていないケースがあります。そのため、3DCADを導入するなら、まずはパソコンの説明書を読んでビデオカードの有無をチェックしてみましょう。内蔵されているのならスペック欄に記載があるので、わざわざケースを開かずとも知ることが可能です。ビデオカードがあったのならスペックを見て、これから導入する3DCADが動くかどうか確認しましょう。内蔵されていたとしても性能が低いものだと、動かないので気をつけなければいけません。

もしも、内蔵されていなかったのなら、ビデオカードを別途購入して取り付ける必要があります。ただし、後付けできないタイプのパソコンもあるので、その場合はパソコン自体の買い換えを検討しましょう。

電気CADは、電気関連の設計図作成を支援するシステムです。高い機能と利便性を誇るフリーソフトも存在します。仕事の効率化と経費削減のため、十分に検討する価値があるでしょう。